治療中の「止血」についての、僕の本音。

慢性腎不全という病気を発症し、 2015年5月から人工透析を受けています。 毎週、火曜日・木曜日・土曜日が、 僕の通院日になります。 4時間の人工透析を受けています。 人工透析といっても、 右腕の内間接の部分に、 2箇所に注射を刺して、 片方のチューブから血液を機械へ送り、 機械で綺麗になった血液を、 もう片方のチューブから体内に戻すだけの治療です。 4時間、 …

続きを読む

5月14日(火)血液検査の結果

血液検査の結果伝票を頂きました。 結果は「まあまあ」ってな感じ。 しかし、 リンが高かったかな?と思いました。 普段、リンの数値は規定値を超えないはず。 血液検査の3日前まで遡って、 食べた物をチェックしても、 さほど? リンを上げるようなものはない。 4月27日に、 透析中に穿刺部位の痛みや、 脱水k状態などで透析を、 約1時間ほど残して中止した。 …

続きを読む

注射針を「刺すポイント」の違い?

人工透析を始めて、 今年で5年目になります。 最近、 いつも注射していた場所の血管が細くなり、 違う場所に注射しています。 注射する場所が変わって、 とても痛い思いをしています。 あまりの痛さに、 大の大人が悲鳴を上げるのです。 激痛を味わうのです。 神経を突くような、 そんな激痛を味わっていました。 ベテランのスタッフに、 その激痛の原因を聞く…

続きを読む

今日は通院日。 フラフラで通おう!

今日は通院日で、 朝10時に家を出て病院へ行きます。 そして、 一睡もせずに起きています。 理由は、 「フラフラになる」ためです。 フラフラになって、 睡眠薬を飲んで通院すれば、 注射をするときの、 恐怖が緩和されそうだからです。 意識がもうろうとしていれば、 痛みが感じにくいんじゃないだろうか? そう思って、 フラフラになろうとしています。 …

続きを読む

僕の「体重管理方法」

人工透析を受けはじめて、 今年で5年目となります。 5年が経った今でも、 オシッコが出てくれます。 オシッコが出てくれるお陰で、 体重の管理がとても楽です。 僕の腎臓は、 オシッコを作ってくれます。 しかし、 透析者の多くは、 透析を始めると、 オシッコが出なくなると言います。 ある医師から直接、 聞いた話ですが、 透析を開始し、 透析の…

続きを読む

透析以外の治療は他所でやれ!

通院先の病院は透析施設です。 しかし、 お年寄りが転んでケガをし、 そういったケガの治療もして下さる病院です。 しかし、 そういったケガなどの治療が多くなると、 医療従事者に、 「心の余裕」 が無くなるようです。 余計な仕事が増えて、 肉体的にも、 精神的にもキツクなって来るのでしょう。 病院は、 慈善事業をしているのではない。 言い方は悪いが、 …

続きを読む

黙って寝てろ!

通院先の医療従事者の方々へ、 いつも御世話になっています。 そして、 いつも嫌な思いをさせて、 本当にすみません。 僕は4時間の透析を受けている。 通院時間の関係で、 治療が終わるのが遅い。 10時に家を出て、 帰宅するのが午後3時半頃です。 僕の治療が終る頃というのは、 他の患者さん達が治療が終わっていて、 患者が少ない状態です。 僕は、 通院先…

続きを読む

言葉の「真意」は本人にしか解らない。

他人が、 心の中で考えている事なんて、 僕には解りません。 しかし、 他人が、 心の中で何を考えているのか? 解ってしまう場合もあるのです。 それは、 「しぐさ」や「言動」を見ていると、 解ってしまうのです。 僕は49歳です。 49年という人生の中で、 色んな経験をしてきました。 その体験が記憶に残っています。 何か物事があった場合、 無意識…

続きを読む

透析者が「相談」できる窓口です。

人工透析を受けていて、 理不尽な対応をされても、 苦情を訴えることが出来ない場合がある。 それは、 病院に苦情を訴えると、 その病院に通いづらくなるからです。 いざ、 苦情を訴えると、 その病院では、 「〇〇さんはクレーマーだよね」 とレッテルを貼られるからです。 例えば、 みなさんが飲食店の店員だったとします。 お客が文句を言っていると、 良い気…

続きを読む

最近の透析手帳を確認してみました。

僕が通院する病院には、 僕の体温を測っていないのに、 透析手帳に適当に体温を書くスタッフがいた。 その男性スタッフは、 何度も体温を測るのを忘れて、 次の患者の所へ行きます。 僕として、 体温を測り忘れる事くらいで、 怒ったり、 苦情を言ったりましません。 体温なんて、 気にしていませんから。 しかし、 測ってもいない体温を、 透析手帳に書き込む行…

続きを読む

主治医の先生に相談しました。

今日は通院日でした。 4時間の人工透析を受けてきました。 今日は、 前々から思っていたことを、 湯いる、僕の事を理解してくださる、 親切な看護師さんに相談するつもりでした。 2人の看護師さんに相談する事が出来ました。 また、 今日は主治医の先生が来られていて、 主治医の先生にも相談することが出来ました。 どんな相談かと言うと、 僕は脊髄を損傷し、 下半身の…

続きを読む

痛いのを前提に通院します。

今日は人工透析を受ける日です。 何の期待もしていません。 前回の注射が、 毎回刺す場所と、 ほんの少し違っていて、 激痛を感じました。 しかし、 ベテランのスタッフさんが注射をしたので、 それほど? 悲鳴を上げるほどの激痛ではなかったです。 未熟なスタッフが刺すと、 神経を突きさされるような激痛を感じてしまう。 もう、 未熟なスタッフが、 僕の注射に来…

続きを読む

今日は通院日、サッサと家に帰りたい。

今日は通院日。 嫌な目にあいたくないし、 痛い目にもあいたくない。 サッサと家に帰りたいものだ。 治療中の4時間を、 無駄に過ごすか? 有意義に過ごすか? どうやって有意義に過ごせばいいだろうか? 誰とも会話しないで、 瞑想でも出来れば幸い。 隣のベッドの患者さんは、 とても温厚な方です。 文句1つ言わない。 穏やかな口調だ。…

続きを読む